ニュース

★3月7日(木)号泣嗚咽応援上映 レポート★

2019.03.08

3月7日(木)池袋HUMAXシネマズにて、【号泣嗚咽 応援上映】が行われ、前説に、筧昌也監督が登壇しました!

ペンライト、うちわ、鈴、猫じゃらし!?・・・集まった皆さんは、トラさんらしさも垣間見える、思い思いの応援グッズを持ち込んでくださってスタンバイ。そこに、MCとともに「前説」として、筧 昌也監督が登場すると、拍手と声援が!

 

早速、監督から「まさかのまさかですが、今回が「トラさん」を始めてみる人!?」という質問があると、数名の方が挙手。「なかなか既得な方たちですね。」と苦笑いをする筧監督。「(最初の鑑賞が応援上映で)いいんですか?まだ、他の映画館でもやってますよ!(笑)」と声をかけると会場が笑いが。さらに監督が、複数回見たという多くのお客さんに声をかけていくと20回を超えているリピーターさんも!監督は「それだけ見た方々なら、もっとこうしたほうがおもしろかったとか言ってください(笑)」とうれしそうにコメントしていました。

 

 

「声を出して応援をすると結末が変わるかも!?」というジョークをとばしながら、「主人公の寿々男に向かって、死ぬよーとか言わないでください。」「あぶりサーモンラップを皆さんが歌ってくれると、僕にチャリンと入ります(笑)。嘘です(笑)。」など、ユーモア溢れるトークと応援上映の諸注意の中、「監督の出演シーン」についての話になると、回数を重ねて鑑賞しても、意外にも見つけられていない人が多く、MCから「監督一緒に見てるので、(そのシーンになったら)監督が言ってください!」と言われ「え?自分で?俺俺!って?(笑)」とたじたじ。そこで、監督から出演シーンに関してのヒントが出され、皆さん「なるほど!」と思い当たっている様子でした。

 

 

 

前説の最後には、監督の「愛してるニャ~」の呼びかけに、観客全員で「愛してるニャ~」と返し映画がスタート。筧監督も客席に座り一緒に鑑賞するというゼイタクな企画。テンションも上がってノリノリの会場では、本編前の「盗撮防止の映像」ですでにタンバリンと鈴の音がなり笑いがおこっていました。配給会社のロゴが出ると、「ショウゲートさんありがとう!」と配給会社に向けたお礼の掛け声に拍手喝采、開始からすぐに一体感溢れる上映会に。北山さん演じる寿々男の初登場シーンでは、喜びのため息とも言えるような声がもれ、軽快なBGMにはタンバリンと鈴でリズムをとり、寿々男が出版社からアパートに帰宅した際の「ただいま~」には、皆で「おかえり~」と一斉にお返事、「手洗った?」と声をかける人も。

高畑家の中でキャラクターたちと会話している気分を味わってくださっているようでした。

前説でご本人からヒントをもらった「筧監督ご出演シーン」では、ひときわ会場も沸き、北山さんと筧監督の共作「あぶりサーモンの歌」のシーンでは、待ってましたとばかり、リズムを取り、口ずさむ人たちも。要 潤さん演じる浦上栄剛さんのシーンも人気で、終始笑いがおき「浦上先生!」と呼びかける方もいました。寿々男が鬼のお面をつけてへそくりを探すシーンでは、起きてしまった奈津子の横にいって「寝てろよ!」と声をかけ肩を支える寿々男の姿に、皆さん思わず奈津子になった気持ちで、胸キュン。

前半は大いに盛り上がり、笑い、劇中のキャラクターたちとも会話をしながら鑑賞をしていた皆さんも、後半は「号泣嗚咽上映」のタイトルにふさわしく、会場のいたるところで鼻をすすり、ハンカチを目にあて泣いている人続出。本作『トラさん』の見どころのひとつ、前半と後半のこのコントラストに、いつもより魅了され、大きく感情を揺さぶられていらっしゃるようでした。

エンドロールでは、赤いペンライトが多かったでしょうかー思い思いの応援グッズを振りながら、Kis-My-Ft2さんが歌う平成最後の名曲、主題歌「君を大好きだ」を口ずさみ、物語の最後、エンドロールの最後、2回に渡り大きな拍手が会場を包む、あたたかい【号泣嗚咽応援上映】となりました。

 

当日会場では、筧監督だけでなく、なんと北山さん演じる寿々男の娘・実優役の平澤宏々路ちゃんも来場。客席でタンバリンを持ちながら、自身の出演作を存分に楽しんでくださっていたようでした。

 

 

★舞台挨拶レポート 3月5日(火)【トラ泣き感謝!御礼舞台挨拶】★

2019.03.06

3月5日(火)、【トラ泣き感謝!御礼舞台挨拶】が行われ、主演の北山宏光さんをはじめ、多部未華子さん、筧昌也監督が登壇しました!

約500名の観客で満席状態となった会場に加え、47都道府県を含む全国70の劇場にて生中継された本日の舞台挨拶。熱気に包まれた場内に北山さんたちが登場すると、各劇場からは割れんばかりの拍手と黄色い歓声が送られました。
本作で映画初出演にして初主演、そして初猫役に挑んだ北山さんは、報道陣からの大量のフラッシュを浴びながら、全国の劇場に集まった観客に対しても手を振り笑顔で挨拶。続く多部さん、筧監督も、「今日は楽しんでいってください!」と喜びを語りました。

MCから、本作が映画サイトやSNS上で高い鑑賞満足度を記録し、多くのリピーターが劇場に足を運んでいる現状が伝えられた北山さんは、「もちろん(反響の声は)届いてます!先日も、ムキムキの元マネージャーさんから「泣いた!」と連絡いただいて。普段、泣きそうじゃない方からも泣いたという声をいただけるのは、嬉しいです」と感謝の気持ちを告白。続く多部さんも、「親友がこれから観に行くと言っていたので、感想はこれからですが、楽しみです」と期待を寄せる中、筧監督が「『ハリウッドリメイクしたら?』って勧められたりもしました。こんなに大胆な猫表現は世界中探しても中々無いから、意外といけるんじゃないかなって(笑)」と豪語すると、北山さんもすかさず「What‘s!?」とハリウッド化を意識したジョークを飛ばし、笑いを誘いました。

北山さんは改めて、各界から“ハマリ役”と評判だった<トラさん=猫役>への挑戦について、「斬新だったので、1シーン1シーン楽しみながらやらせていただきました。猫の動画を見て研究したりはもちろん、猫すぎず、猫と人間のバランスを取っていくのが難しかったかなと思います」としみじみ述懐。一方、北山さん演じる寿々男を支える妻・奈津子役で本格的な母親役に初挑戦した多部さんは、和やかな現場の様子を明かしつつ、猫姿の北山さんに向かって演技することについては、「寿々男として一緒に居る方が違和感があるくらい、北山さんの猫姿がすごく馴染んでいた」と飄々とコメント。多部さんの発言に、「寿々男としては違和感あったの!?」とツッコミ、「本当に猫スーツを着ている方が、みんな優しくて。それ以外はあんまり構ってくれなかった(笑)」と嘆く北山さんに対し、「いつも現場を盛り上げようとしてくださっていたので、私もこーちゃん(平澤)もすごく楽しかったです!こうして楽しい撮影を経て、映画が公開を迎えることができたのも、北山さんのおかげです!!」と焦った多部さんがフォローを入れると、会場は再び笑いに包まれました。

トーク中には、作品公式twitterにて募集をされた、鑑賞者の「#トラさんイチオシシーン」を発表する企画も行われ、最も反響の大きかったという【寿々男と奈津子が最後に笑い合うシーン】に話が及ぶと、北山さんは「僕の感覚ですけど、寿々男と奈津子のどっちが先に笑い出すか、という“かけひき”みたいな空気が実は撮影中には漂っていて。多部さんから先に笑い出してくれたんです。大事なシーンだったのでよく覚えています」とエピソードを披露。一方の多部さんは、「私はそのかけひきが記憶にないのですが…(笑)」と申し訳なさそうに笑いつつ、「でも、あのシーンは台本を読んだ時に、『なんで二人は笑い合うんだろう』と、結構考えを巡らせたシーンでした」と、感慨深い様子で語りました。
また、次に反響の高かった【トラさんが、スーパーに向かう途中で歌う、“アブリサーモンの唄”】ついては、監督が「僕が前半部分にラップを入れようと北山くんに提唱して、後半は北山さんが考えてくださっったので、まさに二人の共作で生まれました」と誕生秘話を明かしました。

終始盛り上がりをみせたトークに加え、イベントでは特製“トラ猫”ケーキのお披露目も行われ、ケーキが壇上に運ばれるとひと際大きな歓声が!キュートなトラさんが寝そべる特製ケーキ、少しだけリアルな部分に、北山さんも多部さんも笑いながら「可愛いし、美味しそう!」と笑顔を見せました。

さらに、イベントの後半には、北山さんへの“スペシャルサプライズ”を実行!!今回、番組出演や取材等で100媒体を超えるメディアに出演、公開後には、筧監督と共に2日間で2,372kmもの距離を横断し、全国5カ所計10回の舞台挨拶に登壇した<座長・北山>に対し、筧監督がサプライズの手紙を披露しました。北山さんは「手紙はちょっとずるいですよ…!」と驚きつつ、映画初出演ながら真摯に役に向き合った北山さんに対し、筧監督の口から手紙を通して感謝の言葉が送られると、感激した様子で「『監督がどう思ってるのかな』って日々思いながら、撮影中はコミュニケーションを取らせていただいていたところもあって…。こんなにありがたいお手紙をいただけて、嬉しいです。映画って本当にみんなで作るものなんだなって、改めて感じました」とコメント。手紙とともに、監督自らが書き下ろした、トラさん姿の寿々男(北山)、奈津子(多部)、娘の実優(平澤)ら“高畑家”が描かれた、温かなタッチのイラストがプレゼントされると、「可愛い!これは家のリビングで飾ります」と目を輝かせました。

最後に、「すでに多くの皆さんに観ていただいて、沢山の声も届いていますし、本当に嬉しいです」と、喜びを噛みしめた北山さんは、「素晴らしいスタッフ・キャストの皆さんと愛情をこめて作った映画ですので、これからご覧になる方も、ぜひ劇場で楽しんでもらえると嬉しいです」と締めくくり、作品を改めてPRしました。

 

 

 

★舞台挨拶レポート① 2月16日(土)川崎1回目★

2019.03.04

長らくお待たせいたしました!

2月16日-17日の2日間、北山宏光さんと筧昌也監督が全国行脚、5箇所10回舞台挨拶を実施。【全部の回違う質問にお答えいただく!】というお題にチャレンジいただきました。

映画公式Twitterでも質問を募集させていただいた企画。本日より順次、各回のレポートをアップしていきたいと思います。

【舞台挨拶レポート①2月16日(土)川崎1回目 ※上映後】

公開初日があけた2日目。

朝早くからのご登壇に「昨日Mステ(ミュージックステーション)が終わり、気付いたらここに立ってます(笑)」(北山さん)、「朝早くから・・・8時から映画観たことは僕でも無いんですけど、本当にありがとうございます。」(筧監督)
とそれぞれご挨拶。
公開を迎え反響を聞かれると筧監督は「僕は昨日Mステ なかったので(笑)すごいゆっくり帰りました、新宿の街を。Twitter見ながら。」とオチャメなトーク。北山さんも「監督、面白いなぁ」と苦笑い。
「僕はSNSとかやっていて、感想沢山くれるので、ちょっとリアクションしたり。あと、久々に友人からメールがきたりとか。初日から行ってくれる友人は本当に有り難いですよね。」と続きました。

Twitter上での感想は「皆さん今まさにそういう気分かもしれないですけど、すごく感動したというか、泣けたみたいなのがあって。あと、前半すごく笑ったのに、前半と後半のコントラストが良いというような感想」だとか。
「ただ僕、実はあんまりコメディとして作ったつもりなかったので(笑)。一生懸命演じてもらった結果、まぁ面白いシーンはあったかもしれないけど。至って真面目に、猫だと思って撮ってたら、結果、なんか色んなシーンで意外と笑えるみたいなんですよ。」(筧監督)「そう。こっちは大真面目ですよね(笑)」(北山さん)

そして、ここからスタートする【川崎、名古屋、大阪、福岡、広島 5都市10回の全国舞台挨拶行脚】について聞かれると

「間に合うかなぁみたいな(笑)。色んなスケジュールの兼ね合いでね、新幹線とかちゃんと取れてるのかなぁとか(笑)。」(北山さん)「そりゃ取れてるでしょ(笑)」(筧監督)
MCからの「ご飯食べる時間はあるんでしょうか。」の問いには、「そのうち食べながらやればいいんじゃないかと。」(筧監督)「ここで?(笑)いいっすね、それもね。」(北山さん)
スタートからいいコンビネーションのトークが繰り広げられました。

そしていよいよ企画のスタートへ

————————————————
【みっくん&かけひくんの『トラさん』トーク!】

このタイトルを打合せ時にお話した際に、筧監督から「僕もまーくんでいいんじゃないか」という直訴があり(笑)、
「まーくん」とさせていただきました。。。

<質問1>“お気に入りのセリフ”

みっくん:僕はまあ一応、一応というか・・「愛してるにゃ~」は斬新というか。あのポーズも結局最後まですごい悩んでて、「監督どうしましょう?」って言ったら、「こんなんどうだい?」って。

まーくん:一応、猫のひげも表現してるつもりなんだよね。

みっくん:あ、なるほど!って言って、あれなんかもうちょっとね(笑)

まーくん:宣伝とかでも流行るのかなって思ったけど全然そんな・・俺が考案したからなんかちょっと流行ってくれたら嬉しいなって思ったんですけど。

みっくん:そうですよ、僕もVTRのフリで「愛してるにゃ~」とかってバラエティの時やってたんですよ。

まーくん:やってたんですか!

みっくん:全然流行ってないんですよ(笑)。

まーくん:今からでも遅くないんで。

みっくん:「愛してるにゃ~」はね、照れ隠ししながらね。

まーくん:あの感じって、夫婦をやってるとちょっとありますからね。

みっくん:あ、「愛してるにゃ~」ありますか。

まーくん:「愛してるにゃ~」っていうか、夫婦でしかない、絶対的に見られたくない空気感とか言葉遣いってあるんですよ。ああいうのはやっぱり象徴としてできてるなという気がします。

みっくん:どんなことを言われた感じですか?

まーくん:いやでも、「愛してるにゃ~」に限りなく近いことは言いますよ。妻に。子どもにも言いますけど。

みっくん:昨日会ったんですよ、お子さんと。

まーくん:うちのベイビーが来てくれて。

みっくん:めっちゃ可愛かった、ベイビー。

まーくん:舞台挨拶見てくれて。

みっくん:そうそう。あの、白い猫の服着てたから、ホワイテスト。

まーくん:我が家のホワイテストつって。

みっくん:可愛かった。

まーくん:すいません。可愛いんですよ(笑)。

まーくん:僕は、これ実は原作者の先生も大好きらしいんですけど、「たい焼きを買った」。あのトラさんの言い方がいいんですよね。「たい焼きを買った」て、めちゃめちゃ普通の台詞じゃないですか。それが、あの家族にとってはひとつの事件っていうか。あのお芝居が最高なんですよね。あれなんか、いっつも面白くなっちゃうんですよね。

みっくん:板羽さんずっと笑ってましたよね。

まーくん:ずっと真似してたね、先生。

みっくん:「たい焼きを買った!」

まーくん:ははは、そうそうそうそう!それを聞いて「あ、確かに面白いな」と。映画ってなんか積み重なってるもので、あれがファーストシーンだったらよく分かんないけど、真ん中にあるからすごく効いてるじゃないですか。ああいうのって映画的な台詞だなと思うし、好きです。

<質問2>“主題歌”・・・「君を大好きだ」は素晴らしい楽曲ですが、お二人が今お気に入りの音楽は?

みっくん:えぇ?(笑)

まーくん:全然別のものでいいってことですか?(笑)

みっくん:監督って何聞くんですか?

まーくん:そうだなぁ・・僕は・・・キスマイ・・・(笑)

みっくん:(笑)最近でしょ、聞いてるの。

まーくん:僕はベタですよ。そんなに詳しくないから。ミスチルとかスピッツとかそういう世代なんでね。エレカシとかね。

みっくん:僕は・・・あいみょんは聞くよ!あと、チェッカーズさんとかね。

まーくん:チェッカーズさんいいよね!うちの姉がチェッカーズさんドンピシャ世代で、昔チェッカーズさんが映画に出たとき、前の夜から並んでたからね。今回、藤井フミヤさんに詞を書いていただいて、間接的にでもお仕事できたのは
お姉さん孝行極まりないというか。でも、北山くんは世代じゃないよね?

みっくん:たまに行くご飯やさんでカウンターに座ってると常連のお客さんがいつものお願いっていうとチェッカーズが流れてくるんです(笑)。

<質問3>“実はここがダメダメなんです。”・・・寿々男はほんとにダメ夫。お二人のダメダメなところを教えて!

まーくん:(家事、特に料理は得意というお話の後)洗濯はだめですね。まったくだめ。

みっくん:わかる!オレ乾燥機ふんわり仕上げなんですけど、置いとくからもうふんわりしないんですよ。他には・・・リビングで座ってるときは全然だめですね。ぐでたま状態。多いときは6時間くらい。そのまま寝てる。。。

—————————————————————-

最後のご挨拶では、胸ポケットにネコマンのラバーストラップをいれていた筧監督が「グッズもたくさん出てますんで、もしよかったらご購入ください(笑)。」としっかり宣伝もしてくださり「そして、何より本編。もし、おもしろかったら宣伝していただいて、また皆さんも2回3回と劇場に足を運んで頂けると嬉しいです。」と締めくくりました。

北山さんからは「朝早くから、足を運んでいただける皆さんのエネルギーがこうやって映画を盛り上げていけると思いますので、こういうときはたくさん拡散していただいて(笑)いいなぁと思える作品なので、今後皆さんに愛してもらって、それが連鎖していけばいいなぁと思っておりますので、よろしくお願いします。」とメッセージをいただきました。

  • ニュース一覧へ